銀行口座調査 口座残高調査

銀行口座調査 強制執行・差押え、仮差し押さえを考える場合に、銀行口座がどこにあるか、口座の残高がどれくらいあるか、入出金の履歴等の調査をします。
どこにありそうか、全くわからなくても探し出せますので、おまかせください。
独自の調査システムと豊富な実績で、どこにあるのかわからなかった預貯金、銀行口座、隠し口座、入出金明細などを調査します。

代表的なご相談例

  • 借金問題で訴訟を起こし、勝訴した。債権回収を進めたいが、口座がわからず、差押えできない。
  • 離婚をすることになり、財産分与の話になったが、すべて使って残っておりお金がないと言われた。
  • 相続をすることになったが、被相続人の財産が、異常に少なくおかしいので、調査をしたい。
  • 裁判が始まってからお金を引き出されないように、事前に調査をして、仮差し押さえをしたい。
  • 婚姻費用が支払われないので、請求したい。仕事はしているので、どこかに隠し持っているはずだ。

ポイント

自力で調査をすることはできません。かといって裁判所が調査をしてくれるわけではありませんので、我々専門家に相談されることをおすすめします。
債権回収や財産分与等、相手がどこにいくら持っているのかわかっていた方が、計画を立てやすいことがあります。事前に情報収集をしておくことは大切です。

調査に必要な情報

  • 1. 氏名 2. 住所 3. 生年月日
  • 住所または生年月日が不明な場合は、別途調査が可能です。
  • 銀行名や支店名はわからなくて結構です。こちらで探しますのでご安心ください。

債権回収のための財産調査項目

銀行口座(支店・口座番号)1口座 89,000円(調査した時点の残高も判明します)
口座残高1口座 89,000円(番号がわかっている口座の残高確認)

当社が選ばれるわけ

平成元年の創業以来、債権回収、財産分与、強制執行や差押えの問題に特化して業務をおこなっています。財産の調査だけでなく、行方不明者の捜索等も可能です。
必要に応じて、弁護士(東京・横浜)の紹介も致しますので、お気軽にご相談下さい。

(C) 債権回収・強制執行の銀行口座調査 - 個人間の借金返済請求